+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 用語集 | main | 武器の使い方・ハンマー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ダメージを回復するタイミング
もー、ほっとんどオンラインにつないでないTACです。

今日はHRを15から16に上げるために(というかやってみたかったから)、
一人に手伝ってもらって、レイア連続狩猟をやってみました。

3匹倒せばメインターゲット達成のこのクエスト。
1匹倒すごとにサブターゲット達成していくので、
HRPが稼ぎやすいと睨んだわけなんですが。


結果


…まぁ、確かにHRPはこの時期にしては多いけど。
如何せん(2人だったが)時間がかかりすぎる。
そもそもこれじゃ一人だと3匹は間に合わない…。



が、本来のこのクエストの真髄はそんなところではないですね。

まず、素材が集めやすい。
棘が3つも手に入った(この辺かなり個人差が出ると思うけど)
多分、逆鱗狙うんだったら、
桜レイアでも全然OKだが、
普通に甲殻や鱗が欲しい時には、
結構いいと思う。

それと、やってて楽しい。
レイアが嫌いって人は苦痛でしかないわけだが。
いかに持てる力を出し尽くして3匹倒すか。
っていう風に考えられれば結構楽しいんじゃないかと思う。


どっかのページで見た話なのだが、
レイアやドスガレオス、
バサルモスなどの、2の前からいる飛竜は、
相手の攻撃の隙をついてこちらの攻撃を入れるのがいいタイプで、
2で追加された、ババコンガ、ダイミョウザザミ、
クシャルダオラなどの敵は、
相手の攻撃の前に出来るだけ攻撃を入れて、
相手の攻撃が始まる前に離脱する。
っていうのがオススメな敵らしい。

これは、前者の敵が各攻撃の隙が大きめで、
後者の敵は各攻撃の隙が少なめだかららしい。

で、ここからは俺の話。
この話から察するに、
前者の敵は、攻撃の隙が大きいため、
HPをギリギリのところまで減らして闘ったとしても、
回復のタイミングをつかみやすいと言う事だろう。
後者の敵は、攻撃の隙が少ない(=次の攻撃に移るのが早い)ので、
HPがあまりに減ってたりすると、回復のタイミングを、
つかむことなくやられてしまう事があると言う事だ。

ということは、前者の敵と戦うときは、
出来るだけ相手の攻撃をよけてから戦い、
回復は、確実に自分の回復の隙を、相手の隙で
相殺できる時まで見越しておいたほうがいい。
後者の敵と戦うときは、
相手の攻撃をある程度予測しながら、
回復はHPに余裕のある早いうちに、
おこなったほうがいい。

古龍種はどちらに属するかは分からないが、
オオナズチなんかは、典型的な後者だと思う。
ただし、あいつはダメージ自体あまり喰らわないため、
回復の事を考える必要があまりないのだが…。
それでも回復薬を使っても損が無い(余分が無い)と思ったら、
回復する事を頭に置いたほうがいいのだと思う。


焦って書いたため、言葉遣いが適当で、
見づらいのだが、勘弁してほしい。
| モンスターハンター2 | 21:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:03 | - | - |