+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 武器の使い方・ハンマー | main | 4本の角 強化バージョン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
武器の使い方・ハンマーその2
その1はこちら

ハンマーです。
使う人によって強さが如何様にも変化するアクション要素が、
きっちり積み込まれてます。
ちなみにモンスターハンターGの時のランスなんかは
誰でも扱えるようなアクション要素0装備だったようです

上の打ち消し線入っている文章は、
行き過ぎた文章のため、そのうち削除されます。

機動編

ハンマーは剣(?)を抜いている抜刀状態(??)でも、
普段と同じように走る事が出来ます。
また、R1ボタンによる溜めの最中も、
走る事が可能で、しかも溜め中は風圧を無効化します。
また、ほぼ全ての攻撃の終りに、×ボタンによる派生回避が可能です。
(回転攻撃で最後まで回転し続けると回避行動不可能)
さらに、溜めからの攻撃は全て、
スーパーアーマー効果がついています。
そして、ガードは不可能です。

これらのことからハンマーはいかに最低限のダメージで、
全武器中最高の単発ダメージを叩き出すかという武器と言えます。

全武器についてしまったスーパーアーマー効果で、
他の味方が風圧で近づけない時に、
溜めながら近づいてきつい一撃を加える。
ということはあまり出来なくなってきましたが、
(というより、それではあまり活躍できない)
溜めという動作のおかげでハンマーは、
逃げながら攻撃力を蓄える事が出来るので、
とにかく一発を重くすることが出来ます。
大剣は、止まらなければ溜める動作ができないし、
片手剣や双剣、さらに
ランスや太刀は1撃よりも連撃でダメージを稼ぐタイプなので、
相手の動きについていけて、
さらに攻撃力が高いという点では、
ハンマーはかなりメリットが高い武器とも言えるかもしれません。

が、その機動をもってるにもかかわらず、最低レベルなのが、

攻撃ごとの隙

です。

ハンマーは攻撃の終りに回避が可能と書きましたが、
回避が可能になるまで結構時間がかかります。
とくにホームランなどは回避までに、
かなりの時間を要するので、
相手の攻撃の終わり際に攻撃すると、
離脱が間に合わない事が多々あります。
この攻撃に必要な時間を見極める事が、
ハンマーには大切になるでしょう。
| モンスターハンター2 | 09:48 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:48 | - | - |