+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 回復のタイミング2 | main | 片手剣・フローチャート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ランス・フローチャート
ランスって、どれが強いのかよくわからない!
って人のために。

ランスで初期に何を作ればいいかのフローチャートです。

ランスは、初期武器として優秀なのが、
ボーン系で意外とすぐ作れるスパイクスピアです。
(一個前のボーンジャベリンに必要なのりこねバッタは、
砂漠のエリア1,6にある採集ポイントでたまにとれます)
攻撃力がちょっと低めですが、
緑ゲージがその時期の武器としては、
他に類を見ないほど長いです。
で、それ作ったら次は、バベル作成ですね…。
水に弱い奴が少ないので、
スパイクスピアから強化するアクアンスピア系は、
すぐに使いにくくなります、ていうか弱いです。

しかし、バベル作っちゃうと結構な間、
次に作るものを見失っちゃうんですよね…。
作るとしたら、クリムゾンブロスや豪槍グラビモスなど、
かなり後の話になります。
クリムゾンブロスはオフ進めてなきゃ作れませんし、
豪槍グラビモスなんか、岩竜の翼とか鎧竜の頭殻など、
なかなかレアなアイテムが必要です。
それに、後半にもなってくると、
ランスが効果的な敵がだんだん減ってきます。

ランスが相性いいと自信を持って言えるのは、
ゲリョス・ディアブロスの2種くらいですかね。

ゲリョスは、ランスの刺突性能のおかげで、
頭も尻尾も弱点となります。
頭が弱点、つまり一発のダメージ量が多いため、
狙えばすぐにトサカが壊れるという利点があります。
また、強い武器ならば弱点を集中攻撃して、
一定の間、怯ませ続ける事も可能です。
頭のねらい目は、閃光の準備中(頭を振ってるとき)、
噛み付き時(頭が下がる)、と少ないですが、
怒ると閃光を多用するため、狙い時は格段に増えます。
頑張ってすぐ壊せば、早いうちから空閃光となるので、
討伐時間の大幅な短縮が可能です。

ディアブロスは、なんと
地中からの突き上げの攻撃以外、
ほぼ全ての攻撃を吹き飛ばされずに
ガードすることが出来ます。
(例外は怒り時などにする威嚇行動の尻尾の当たり判定。
2だと咆哮も吹き飛んだかもしれません)

よって、ディアブロスの突進をガードして、
角突き上げのために止まったら上段突きで尻尾狙い。
ディアブロスが角突き上げのために止まるタイミングは、
大抵自分の位置がディアブロスの足元に来た所なので、
尻尾がそのまま狙えます。
体当たりはガードしてそのまま攻撃。
厄介な尻尾回転も、
ガードの向きを微調整できるランスならば、
最初の攻撃にガードが間に合いさえすれば、
全然ノーダメージでやり過ごせます。

ちなみにモノブロスは、ランスだとよく弾かれるので、
結構怖いです。弱点を上手く狙えるのならば、
モノブロスにも効きますが。
ちなみに、ガード性能+1というスキルがつけられるならば、
ガノトトス・フルフルにたいして有利になります。

ガノトトスは、体当たりが吹き飛ばされもせずに、
ガードできるようになり、かなり安全に攻撃できます。
尻尾回転攻撃も、ランス特有のガード中の移動により、
苦も無くガードできます。

フルフルは、
体内発電攻撃をガードしても吹き飛ばされなくなり、
当たり判定が一回しかない体内発電の間、
ずっと刺してることが可能です。
このとき足を狙えば、比較的すぐ転び、
頭を狙えば、効果的なダメージが期待できます。


はい、すいません、途中から飛竜別指南になってました。
以後の武器もこんな調子だと思いますorz
| モンスターハンター2 | 00:38 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:38 | - | - |