+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 武器の使い方・ランス | main | 武器の使い方・ランス3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
武器の使い方・ランス2
やっと更新再開したTACです。
ランス本命なのに、
更新の暇がありませんでした…。

前の記事はこちら

機動編

ランスは、抜刀中に走る事が出来ません。
そのため、機動性能は非常に悪いです。
そのかわりランスは、ガード突きと突進中を除き、
全て攻撃の終わり際に、回避を行う事が出来ます。
が、回避といっても、
大剣や片手剣などを抜刀してる最中に使える回避とは、
全くの別物です。
ランスは、抜刀中に通常の回避(×ボタンのみ)をすると、
バックステップをします。
また、攻撃の終わり際に行える回避のみ、
左スティックとの組み合わせで、
右に入れながら 右にステップ回避
左に入れながら 左にステップ回避
手前に入れながら 大きくバックステップ
が出来ます。

さらに、回避の終わり際に右スティックを入れることにより、
中断突き、上段突きの1発目を繰り出せます。
中断突き、上段突きともに少しずつ前進しながらの攻撃のため、
バックステップをするとうまい具合に元の位置に戻る事が出来ます。
つまり、ステップ回避行動は、
相手を攻撃するための位置調整。
そう割り切ってしまうと良いです。
ランスの場合、相手の攻撃は
回避するものではなく、弾くものなので。

このように、ランスの回避行動は、
相手の攻撃を避けるのがメインではなく、
連続攻撃をつなげるために行う事が多いです。
イャンクックやドスガレオスなどの、
攻撃範囲の非常に狭い相手に対しては、
相手に常に張り付きつつ、
横方向へのステップ回避によって、
相手の攻撃を絶妙の位置で避けながら、
連続攻撃を入れていくことが出来ます。

これが出来るようになって初めて、
ランスが楽しく思えてきます。
(管理人は最初からランスが楽しかったため、
確実に楽しく思えるとは言えませんが)
特にドスガレオスやゲリョスは、
弱点がはっきりしているので(前者は腹、後者は尻尾)、
弱点を集中攻撃できるとその爽快感は、
ほかの武器の群を抜いて高いと思われます。

攻撃を避ける事が少ないランスは、
ガードを多用します。
ランスはガードに特化した武器なので、
ガード中に歩く事が出来ます。(それ特化と関係ないのでは…)
また、片手剣よりも、ガードしたときにHPを削られる事や、
大きくふっとばされることが少ないです。

しかし、
ランスのガードをもってしても吹っ飛ばされる攻撃を、
多用してくる相手に対しては、
非常にやりにくい武器ともいえます。
ガノトトスや、フルフルがその筆頭と言えるでしょう。
(これらの相手も、あるスキルをつけることによって、
カモと化すのですが…)

そして、ランス抜刀中に走る方法があります。
それはまぁ、言うまでも無く突進ですが。
突進は一度発動すると、自動で正面に走り続けます。
左スティックを左右に入れることにより、
多少の軌道修正をすることもできます。

ランスは、雑魚(ランポス系など)に囲まてしまうと、
正面にしか攻撃できないその武器性能のため、
なかなか駆除が難しいので、
まずは突進を使って1点突破を目指し、
全員が視界に入るようにしてから、
各個撃破を狙うようにしましょう。


次は飛竜での立ち回りです。
オンラインでのランス使いは、
突進を厳重の注意をして使わなければいけません。
大剣よりも迷惑になりえます。
| モンスターハンター2 | 19:20 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:20 | - | - |